ホームページイメージ

HTML って何?

そもそも何なの?

HTML は「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」 のそれぞれ頭文字をとったものです 。

「ホームページ」なるものを作るためにはHTMLを知らなければならないとされます。
インターネットしているうちにいろいろなホームページを見て、さあ自分もホームページを作ってみよう。
と思っても、HTML という難しそうな響きに躊躇してしまう人も少なくないはず。
大丈夫、そんな難しいものじゃありません、 実際にいくつかの言葉を覚えるだけでホームページは作れます。
本来、HTML は簡単で、しかもとっても役に立つものなのです。
このページではそんな HTML について少し説明してみます。

HyperTex(ハイパーテキスト)

ハイパーテキストは、文書を読んでいる途中で、ある語句について関連する文献を読みたいと思ったとき、その語句からダイレクトに関連文献を呼び出すという機能を持っています。このように文書のある部分と別の文書を「関連づける」ことをハイパーリンク(あるいはリンク)といい、その機能を持つ文書のことを「ハイパーテキスト」と呼んでいます。


元々は学者さんが膨大な資料の中から調べたいキーワードをすぐに調べることができるように開発されたもので
複数のテキストを関連付け、「テキストを超える」という意味から"hyper-"(~を超えた) "text"(文書)と名付けられました。


みなさんがホームページを見ている時に、クリックすると別のページにジャンプする機能、それがハイパーテキストの特徴です。

Markup Language(マークアップ・ランゲージ)

コンピュータ言語の一種で、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。このため、データ記述言語に分類される。文章に対するそれらの指定をマークアップ (markup) と呼び、マークアップを記述するための文字列をタグ (tag) と呼びます。

このページも↓のように、なります。図の中の<head>など<>で囲まれているものをタグといいます。
HTML文書

HTML の要素(タグ)は開始タグ、内容、終了タグの三つで構成され、開始タグ・終了タグはそれぞれ
<要素名></要素名>のように記述されます。必要であれば、要素に付加する特性を現す属性を記述することもできます。属性は開始タグの中に、要素名に続けて属性名と属性値の組み合わせを記述し、要素名と属性名については大文字と小文字を区別しない。属性値については、属性によって大文字と小文字を区別するかどうかが個別に定められます。要素によっては、文脈上一意に特定できる場合は開始タグや終了タグを省略できます。また内容を持たず開始タグのみで構成される空要素も存在し、一部の属性についても属性値の省略が可能となっています。

で、HTMLって?結局何?(まとめ)

HTML は文書同士を関連付けるハイパーテキストの技術と、文書の構造や見栄えをタグと呼ばれる文字列で指定するマークアップ・ランゲージの技術がを利用した文書ということですね。この HTML の決まりに従って記述されたファイルを HTML 文書(ファイル)と言い、ホームページのそれぞれのページは HTML 文書ということになります。

・・・ 難しくないとか言っといて結構難しいことを書いてしまいましたが、簡単なホームページを作るだけであれば、いくつかのタグ(もうこの言葉を使っても大丈夫ですよね?(笑)を覚えれば作ることができます。
まずは最低限のタグで簡単なページを作ってみて、それから「このタグを使うとこうなるんだ」と理解していけば良いと思います。後ほど、実際にいくつかの簡単なタグを使ってページを作ってみたいと思います。

最終更新日:2017/8/17